2010年カレンダー販売中!


by syumarinaiko
カレンダー

<   2009年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

半日で250匹

 早朝から北東の風が吹き荒れ、解禁日と同じく厳しい条件になりました。朝のうちは雪も混じり、テントも風で傾くほどで、集中力をそがれた人が多かったのか、釣果は前日より少なめだったようです。
 湖面に降りて左の前浜西は、今ひとつ。ひょうたん沢奥では、昨日釣れたポイントが喰い渋るなど全般的に良くなかったようでした。
  しかし、昨年の解禁時よりアタリ(魚が糸を引っ張る動き)が明らかに強いと思います。タナは基本的には底ですが、底からやや上でも釣れるところも多く、 魚の活性は例年よりやや高いのではないか、と思われます。
 
 前日、人が入らなかった前浜東(湖面に降りて右)は、お昼前に地元の夫婦が入り1時間半で150匹。お腹をすかせたお魚たちが釣り糸が垂れてくるのを待っていたような感じです。
 岸から15〜20mあたりのところに、漁協スタッフが開けた穴が10mぐらいの間隔で並んでいます。小さな雪の塊が目印です。200匹、300匹の大釣りは期待できませんが、休憩所にも近く、家族連れが楽しむには格好の場所ではないでしょうか。

f0163063_13511279.gif

創意工夫でNo.1
 この日のNo.1は、湖面に降りて少し左の沖合で釣っていた旭川市の種村さんだったのではないでしょうか。7時ごろから釣り始めて3時間余で247匹。「朝、ひょうたん沢に向かう人が多かった。混み合うところはいやなので、近場にしたら、テントもまばらでちょうど良かった」。
 好釣果の秘密は、場所選びばかりではありません。錘(おもり)は、普通の人よりかなり軽い2.7g。2時間ぐらいたって喰いが渋ってくると、さらに小さな1.4gに交換。竿も、ペットボトルを切り取り張り合わせたお手製です。重い錘のときは張り合わせの枚数が多いもの、軽いときは枚数が少ないものと使い分けています。
 ワカサギ釣りは7、8年前から。1シーズンの釣行が3、4回という割には、すでに名人の領域とお見受けしました。お昼ごろ、目標の「250匹」を楽々と超え、テントを畳んで足取り軽く家路につかれました。


f0163063_13513189.gif

「勉強になりました」
 前浜でテントなしでがんばっていたのは、旭川市の汐理(しおり)ちゃんと莉佐(りさ)ちゃん姉妹。防寒着の帽子をしっかりかぶり、椅子に座って竿を握る姿は、とても寒そう。
 「テント、壊れちゃったの」と汐理ちゃん。横から、「すごい風で、立てようと広げたら、柱が折れてしまって」と申しわけなさそうなお父さんの声。
 去年も解禁から2日目に来て、お母さんも含め4人で約50匹。天気が良くて、初めてにしては上々の釣果に大満足だったそうです。アタリが強く、簡単に釣れたといいます。
 今日は、この時期にしてはアタリが強いように見えたのですが、風が強いこともあって、竿を上げるタイミングが難しそう。莉佐ちゃんは「目標は15匹。でも、まだちょっとしか釣れない」としょんぼり。再び横合いからお父さんが「天気も含めて奥が深いんですね。勉強になりました」。
[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-11 13:54

解禁、釣果はまずまず

 19年目で初めて区域限定の解禁となった10日、初日にしてはまずまずの釣果だったようです。「氷が薄く、解禁延期の可能性も」という報道が一時流れたこともあってお客さんの数がそれほど多くなかったことも、好釣果に結びついたようです。魚のアタリ(糸を引っ張る動き)はシーズン初めにしては強く、平年よりも早く本調子になることが期待できそうです。

 モービルで踏み固めた湖面は、積雪1、2cm。歩きやすく、豪雪地帯の朱鞠内湖としては、めったにない好コンディションです。ただ、北東の風が強く、テントを抑えきれず、やむなくたたんだ人もいました。
 前浜の船着き場近くのドリル置き場そばでは、男性2人組が約150匹。「穴を開けて30分もしないうちに釣れ始めました。初日にしてはまずまずかな」。

 ひょうたん沢奥で釣っていた苫前町の中村敏春さんも、2時間で30匹を釣り上げ、「解禁日ですから、こんなもんでしょう」。
 ワカサギのアタリが止まったころ、近くに立てたマス竿の鈴が次々になり始めました。仕掛けを引き上げると、大きなウグイばかり。「こいつを退治しないと、ワカサギが釣れないからね」。終了までに110匹までに数を延ばし、満足そうに引き揚げていきました。
         ◇        ◇        ◇
 水道沢とカラス島周辺は、スノーモービルで踏み固めていないため立ち入り禁止としていましたが、午後から試し釣りをして安全を確認しました。11日から解禁とします。
 一番上の氷が柔らかく、歩くとぴしぴし鳴りますが、中層に厚めの氷があるので大丈夫です。

 これ以外の区域の立ち入り禁止や釣り穴の50cm間隔厳守、生けすの禁止などは当面、続けます。

f0163063_16153760.gif

忍耐力No.1
 前浜にいた鈴木奏(かなで)ちゃん=旭川市=は、冷たい風が吹く中、テントなしで何時間もがんばっていました。
 「寒くない?」と訊くと、「寒い!テントを持ってきているのに、お父さんが面倒くさいって、張ってくれないの」。お父さんの道男さんは「飛ばされたら、大変なことになると思って」と弁解していました。
 お母さんの雅美さんと合わせた釣果は約50匹。「初日はあまり釣れないことが多いの。それだけ釣れれば上手なほうだよ」とほめてあげると、にっこり。糸がぴくぴく動いて、あげると1匹釣れて、またにっこり。

f0163063_16162522.gif

目標の半分、でも大満足
 当麻町から来た川本靖さん・朋子さん夫妻は、船着き場近くにテントを構え、10時から4時間弱で約50匹。前は富良野に住んでいたので、かなやま湖に行っていたそうですが、「釣れた記憶がないんです」と靖さん。
 かなやま湖は水がかなり減る3月まではタナ(魚がいる層)が深く、シーズン当初は17mも糸を降ろさないと釣れないこともあるいわれます。深い層にいる小さな魚を釣り上げるのは、初心者にはかなり難しく、「釣れた記憶がない」のも無理はありません。
 この日も底でしか釣れないようでしたが、水深2.5mほどなので、釣り上げるのは楽です。魚のアタリもシーズン始めにしては強く、だれもでわかります。
 テントをたたみ始めたころ、少し離れたところにいた朋子さんの竿に次々にワカサギがかかり始めました。虎太郎ちゃんと美羽ちゃんが、1匹ずつ運んでいきます。朋子さんは「目標は100匹でしたが、最後にまた釣れたし、満足です」。
[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-10 16:13
 9日は-20度近くまで下がりました。-30度以下の強烈なしばれにほど遠いものの、3日続けて15〜20度ぐらいになり、湖面の氷はなんとか人が乗っても大丈夫なぐらいになりました。
しかし、まだ30〜40cmと薄いため、10日から区域を限定して解禁します。当面は以下の点を守ってください。

1、前浜とひょうたん沢に限定(水道沢、カラス島周辺はいけません)
釣る場所は、前浜とひょうたん沢のスノーモービルで踏んだところだけとします。それ以外の区域には立ち入らないでください。

2、穴の間隔50cm以上に
 狭い範囲にたくさん穴をあけないでください。テント内でも守ってください。

3、生けすは禁止
 氷が薄いため、すぐに大穴になります。また、底が抜けたところにうっすらと氷が張り雪が積もると、大変危険です。

※しばらくモービル送迎は当面、行えませんのでご了承ください。


2009年もシーズンわかさぎ大物選手権をいたします!
↓↓↓

f0163063_2133759.jpg

[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-09 15:45
 10日の解禁は厳しいです。 昨夜から今朝にかけて、かなり期待していた放射冷却現象も時より曇ったりと安定せず。漁協で湖面に設置している温度計も夜中に一旦は−20.7度まで下がっていた様ですが30分と続かず、−7℃付近まで上昇し、朱鞠内らしいシバレる寒さはありませんでした。 
 湖面の状況は、昨日より表面の雪が締まってスノーモービルが何とか走行できるような状態になっていたので、スタッフ4名で 前浜〜ひょうたん沢にかけて、スノーモービルで踏み固めました。これで冷気が通りやすくなり、氷が出来やすくなりましたが。 ー30度クラスのシバレが来ないと10日の解禁は無理そうです。  
 今晩のシバレに期待しています。
[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-08 18:18
 本日も氷の状況はあまり変わっていませんでした。 泣)
日中の最高気温が−2度、南風が吹き春のような陽気でありました。
出来るだけ解禁が早まる事を願い、準備だけは例年通り進めています。
↓受付小屋の設置移動中
f0163063_17274417.jpg


※朱鞠内湖のワカサギの解禁日は1月10日(土曜日)なっている所でございますが、暖冬の影響で、湖の氷は薄い状態であります。  人が乗っても何とか大丈夫な状態にまでなってきましたが、まだまだ安全な状態には達しておりません。  この状態では、10日の解禁は出来ない状況であります。  もしかしますと20日前後まで解禁することが出来ないかもしれませんが、 天候次第で湖面の状況が一変しますので、もうしばらく こちらからの情報をお待ち下さいませ。
明日も湖面の情報をお伝えいたします。
[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-07 17:28
  昨夜からの冷え込みですこし湖面の状況が変わっているかと期待しましたが、残念な事に特別な変化はありませんでした。 氷の上にある雪の影響で冷気が遮断(断熱)され、氷が成長していませんでした。 それより氷の上にある雪の重みで湖全体に水が浮いてきていて、状況は昨日より悪化したような感じでした。  湖上の表面は水を含んだシャーベット上の雪でぐちょぐちょの状態になっています。  この状態で、きつい冷え込みがあればいい氷のが出来るので今晩に期待です。

 
f0163063_18231339.jpg

[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-06 18:23
 本日も湖面の調査をいたしました。 スノーシューを履いて、スタッフ2名でスコップや棒で氷の厚さや固さを確かめながら湖上を歩きましたが、昨日と特に変わった様子もなく、薄いままでありました。  まだまだ、氷は安全な状態でありませんでした。 

↓現在の氷の状況ですがこのような感じでございます。
f0163063_18315664.jpg


どか雪か−20度クラスの冷え込みを期待して、また明日調査します。
[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-05 18:44
 皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  さて、朱鞠内湖のワカサギの解禁日は1月10日(土曜日)なっている所でございますが、暖冬の影響で、湖の氷は薄い状態であります。  
  本日は岸際に人が乗っても何とか大丈夫な状態にまでなってきましたが、まだまだ安全な状態には達しておりません。  この状態では、10日の解禁は出来ない可能性が高くなってきました。 もしかしますと20日前後まで解禁することが出来ないかもしれ状況でございます。 
  1日で湖面の状況が変わる事もありますのでもうしばらく、 こちらからの情報をお待ち下さいませ。
明日も湖面の情報をお伝えいたします。

f0163063_16251550.jpg


 今晩でもー20度ぐらいまで冷えれば、乗れるようになるんですがね。
[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-04 16:25