2010年カレンダー販売中!


by syumarinaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 02月 23日 ( 1 )

弁天裏430匹

f0163063_1619826.gif
陰の優勝者 休憩所の前で雄叫((おたけ)びを上げているのは、旭川市の東栄高校の先生たち13人です。
 月曜日ですが、「ずる休み」ではありません。21日の卒業式の振替休日だそうです。
 案内役は、朱鞠内湖のワカサギ釣りファンで、漁協スタッフとも顔なじみの松原昌一さんです。
 今日は釣り大会。前浜中央で7時15分から競技開始です。豪華?賞品がかかっているだけに真剣、と思いきや、ビール飲み飲み、のんびりです。
 正午に大会終了。休憩室でにぎやかに表彰式です。初心者9人のトップは、石丸雅裕さん。釣果は40匹。賞品の竿とリール(ともに3000円相当)を手にした石丸さんは「目標は10匹でしたから、大満足です。諸先輩の指導が良かった」。
 全体の1位は、宮崎広光さんの89匹。「みんな遊んでいるから、そのスキに数を稼ぎました」。学校の勉強もワカサギ釣りも「地道にこつこつ」と言いたげでした。賞品は、集めた会費の残金「1430円」だそうです。

 松原さんは、昨冬のシーズン大物選手権の第4位。日ごろ鍛えた実力を発揮、といきたいところでしたが、初心者の指導に忙しく、熟練の技は不発。周囲の「陰の優勝者」の声にも、「いや、わたしなんか、とてもとても」と控えめに話していました。
 (晴れて青空が広がったり、にわか雪になったりの1日でした。写真撮影時、おり悪く雪が舞っていました)

前浜西 昼すぎに来た女性が2時間で130匹。初心者が10〜30匹。
前浜東 白い大テントの周辺は、まずまず。テント内は今ひとつ。
弁天 2人が80匹。  
弁天裏 島の角を回ったところで1人で430匹。看板付近で常連さん2人が各300匹。
富成 1人が300匹。
※書き込みがないポイントは、「釣戦者なし」か「情報なし」です。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★

f0163063_16195681.gif日曜の「激渋」検証 
 昨日、「激渋」だった前浜で、漁協スタッフが試し釣りをしてみました。「昨日の今日だからダメ」か、「一転好釣」のよくあるパターンか。

⦿竿を出したのは、真ん中よりやや左にあった昨日の穴です。水深は約6.5m。午前10時から1時間、試しました。半径50mに釣り人なし。

⦿氷のすぐ下、雪面から1.2m〜2mで、最初から入れ食いでした。エサをくわえて横に走り、活性はかなり高そうです。横に走るときは、早合わせが鉄則です。

f0163063_16201237.gif⦿時々、食いが少し鈍るのですが、大きめのサシの両端に針を掛け、真ん中にハサミを入れて(写真下)落とすと、すぐに食いが戻りました。

⦿釣り始めから40分後、底に落としてみました。ここは反応なし。1m上げて5.5m、すぐにアタリ(魚が糸を引っ張る動き)。4.5mでも、3.5mでもすぐに反応あり。氷下に戻すと、また入れ食いに。一番活性が高いのは、やはり氷下でした。

⦿1時間の釣果は、74匹。
(写真上。全部を並べて撮影しました。「写っているのは、せいぜい25〜30匹」と思う方、数えてみてください。折り重なって下になっているのもありますが、60匹以上数えられるのではないでしょうか)

 やはり人が少ない平日は、確実に釣れると思いました。昨日も魚がいないわけではなく、氷上の騒がしさが魚の活性を下げていたのではないでしょうか。

 土日なら、混み合ったところは8時、9時で魚の活性が落ちてアタリが弱くなり、表層だったタナ(魚の釣れる層)がベタ底になってしまいがちです。
 弁天南〜弁天やひょうたん岬などやや遠いポイントも釣れてきました。前回、前浜で苦戦した方、次の土日は少し「遠出」してみてはいかがでしょうか。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★
[PR]
by syumarinaiko | 2009-02-23 16:17