2010年カレンダー販売中!


by syumarinaiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

雪と氷の厚さ130cm

f0163063_1556859.gif名にかけて保証 
 昨夜から今朝までに11mmの雨が降りました。「氷は大丈夫か」と心配している人も多いと思います。

 そこで、カラス島に来ていた士別市の渡辺三十一(みといち)さんにドリルで穴あけて氷と雪の厚みを確かめてもらいました。

・ドリルは、漁協で使っているUK製。刃先からクランク部までの長さは120cm(写真1)。
・上のほうの氷と雪は比較的柔らかく、するすると掘れていきます(写真2)。
・クランク部まで達しても、水は出てきますが、まだ下まで貫通していません(写真3)。
・最後、クランク部で雪を削りながら回して、やっと貫通しました(写真4)。

 渡辺さんは「1月に来たときより厚くなっていて、驚きました。下のほうの氷もけっこう硬いですね」と話していました。

 朱鞠内アメダスの積雪は197cm。去年の23日は127cmですから、70cm多くなっています。
 今の湖面の氷と雪の厚さは、120〜130cm。雨にもかかわらず先週とほぼ同じで、去年より50cm以上厚くなっています。

 3月31日の釣り終了まで氷が持つかどうか。渡辺三十一さんは「私が名前にかけて保証します」と笑っていました。

ひょうたん岬 1人が120匹 
前浜西・中・前浜東 20〜100匹
カラス島 1人がワンドから前浜東にかけて数カ所で釣り170匹
弁天南 2人で150匹 
弁天裏 2人で500匹
中之島 2人が入り各200匹(1人は過去最高が50匹の方)
富成 1人が入り、けっこう釣っていたようです。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★
[PR]
by syumarinaiko | 2009-03-23 11:24