2010年カレンダー販売中!


by syumarinaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

富成で800匹以上、弁天裏900匹(2人)

f0163063_16411720.gif3月が一番 
 「やっぱり朱鞠内は、3月が一番釣れるねぇ」
 こう言ってにっこりしたのは、旭川市の井口勇さんです。
 「富成(とみなり)」で2時過ぎまでに700匹を超す大漁なんですから、笑いが止まりません(写真。3時半の納竿までに100匹以上追加)。
 釣り始めたのは、朝7時半。この日は、入れ食いですが、ほとんど1匹ずつ。それでも、数カ所の穴を順繰りに回る間、途切れることなく釣れたそうです。

 井口さんは、ひとシーズンに20回ぐらいは朱鞠内に来るそうです。過去最高は、3年前の1200匹。これも、今日と同じく「富成」で、3月下旬。「3月が一番」というのも、うなずけます。
 「今日はテクニック関係なし。もっとも、オレの技術なんて、たいしたことないけど」と控えめな井口さんでした。

 「解禁からしばらくは好調、その後は下降線」というワカサギ釣り場がたくさんある中で、朱鞠内の釣果は「1月より2月、2月より3月」と上昇曲線をたどります。

 湖面の氷と雪の厚みは1.3〜1.4m(一番上の柔らかい雪を取り除いた状態で)、積雪は226cm。昨年の同日は171cmでしたから、50cm以上多くなっています。
 したがって、3月中旬から最高気温が何度も6度以上になり降雪も極端に少なかった昨年のようなことがない限り、今月下旬まで氷は大丈夫なのではないか、と思います。

ひょうたん沢 10時ごろで平均100匹ぐらい
前浜中 15〜150匹。320匹釣った人は「食いが鈍ったら移動を繰り返した。1カ所で粘りすぎてもだめでは」
前浜東 100匹
弁天・弁天南 平均100匹ぐらい 
弁天裏 看板付近で2人で900匹。1人は氷下、もう1人は底を狙い、ともに好釣。天気が良かったのでテントの外に出て開けた穴も釣れたそうです。近くの2人組は250匹と200匹、1人が150匹
藤原南 マス竿を出しながら300匹(11時まで。エサは鶏の皮。サシより持ちがいいそそうです)。250匹の人は「魚探で探ったが、タナ(魚のいる層=深さ)が深く、15m以上のところもあった」
※書き込みがないポイントは、「釣戦者なし」か「情報なし」です。

3月20日(金曜日)釣り人感謝デ− !やります!
「手打ちソバさわだ」のかけそばを、限定100食、無料提供します。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★
[PR]
by syumarinaiko | 2009-03-05 16:31