2010年カレンダー販売中!


by syumarinaiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「サイクル安打」寸前

f0163063_12565836.gif

 1匹釣れた場面をカメラに収め、話を聞いていると、
 「今度は2匹!」。これもパチリ。
 お父さんに釣り歴などをたずねていると、
 「やった、3匹だ!」

 弁天南にいた深川市の内田陽介君(小5)が、目の前で連続ヒットを見せてくれました(やらせではありません)。この後4匹なら、野球で言う「サイクル安打」でしたが、それは惜しくもなりませんでした。

 弁天南は、今季は釣りに入る人がまだ少ないこともあって、本格的に釣れだすのはもう少し先になりそうです。そんな時期にここに入るのは、いうならば「ポイント開拓団」です。
 内田君の釣果は、8時から2時間で30匹。「開拓」時期としては、まずまずかもしれません。内田君は「寒いけど、いっぱい釣れてうれしい」。

 ポイントを切り拓く開拓者魂、ここぞという時に結果を出す勝負師の素質。内田君、将来は大物釣り師になるかもしれません。


ひょうたん沢 「700匹釣れた」という人、2人で20匹という人などばらつきがありました。沖の「特異現象」帯は、まずまずだったようです。
ひょうたん沢奥 3人で360匹。昨日、900匹釣ったグループです。同じ場所でやってもこれだけ違うこともあります。
 4人で130匹平均というグループ、200匹以上が数人いた一方で、朝から夕方までやって15匹という人もいました。
 「好調」と言っても、「誰でも、どこでも」釣れる、というわけではないようです。
前浜西(湖面に降りて左)・前浜東(同右) 魚の活性が高い朝の1、2時間を過ぎると、食い渋って苦戦した人が多かったようです。ここで100匹、200匹と釣った人は、かなりの腕前だと思います。
 タナを探る、エサを切る、小さなアタリ(魚が糸を引っ張る動き)を見逃さず素早く合わせる、などの工夫を重ねればまだ釣果が伸びると思います。また挑戦してください。
カラス島 ワンドの端から先端、さらに裏側(ダム側)にかけて釣れ始めました。裏側では、マス狙いの人が200匹。
弁天南 マス狙いの人が100匹と20匹、ワカサギ狙いの少年が30匹(11時まで) 
富成>(とみなり) 地元の人が試し釣りで、8mのべた底で1匹。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★

f0163063_15365240.gif楽しいきね〜っ  北海道のみなさ〜ん、日本中のみなさ〜ん、朱鞠内に来てね!
 すっごい楽しいきね〜っ

 大きな声でそんな宣伝をしてくれそうだったのは、高知県四万十町から来た小野川さんです。
 北海道旅行は4回目。美瑛町の知人の案内で、「念願だった」ワカサギ釣りに来ました。
 「朱鞠内の景色は最高ですね」。一面銀世界の冬の湖にすっかり感激したらしく、趣味のカメラを構えるのに忙しそう。ワカサギを狙って飛び交うカケスの姿も何回も狙っていました。
 そんな調子だから、「念願だった」という割には竿を握っている時間が短く、釣果は3匹だけ。それでも、「漁協スタッフのみなさんが親切で、うれしかったです。高知に帰ったら、ばんばん宣伝するきね〜」と上機嫌でした。


ガス中毒で2人倒れる 6,7人用の大型テントで釣っていた2人が、ガス中毒で倒れ、救急車で運ばれました。豆炭ストーブを2時間以上焚いていたそうです。
 小さなテントはもちろん、大型テントでも炭や練炭、豆炭などを焚くと大変危険です。テント内での使用を禁止します。
 また、ガスやガソリンストーブでも、100%燃焼はありえません。したがって、テント内にガスがたまります。2週間前の月曜日に倒れた人はガスストーブでした。使うときは、十分に換気してください。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★
[PR]
by syumarinaiko | 2009-02-08 12:58