2010年カレンダー販売中!


by syumarinaiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

近場でサクラマス

f0163063_16492033.gif

最高気温+0.8度。午前中は曇り、午後は湿った雪でしたが、厳冬期とは思えない暖かさでした。

ひょうたん沢・同奥 沢の入り口、マイク近くの2人が計300匹。前回70匹の4倍以上の釣果に、「今日は最高です!」(上の写真)。
 沢奥の人は100匹。 

水道沢 ワンドの一番奥で釣っていた人が、11時の時点で100匹。ドリル置き場近くの2人が合わせて150匹。

前浜西(湖面に降りて左) 30〜200匹。

前浜東(同右) 白いテント「パオ」近くの2人が計100匹。カラス島近くで1人で50匹。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★

           ◇          ◆          ◇

f0163063_16501246.gif弁天裏から転戦 カラス島近くで、サクラマスを釣り上げ、にっこりしていたのは旭川市の下田文夫さん。
 朝一番に来て、マスやイトウを狙って遠くの弁天裏に向かいました。ところが、粘りに粘ってもエサにするワカサギが2匹しか釣れません。少しずつ移動し、計7カ所で竿を出しましたが、まったくだめ。2時間の悪戦苦闘に見切りをつけ、前浜に戻ってきました。
 ここで出したワカサギ用の竿に、33cm前後のサクラマスがかかったのです。下田さんは「最初から近場でやっていれば良かったかな」とぼやきながらも、「去年は1月22日に弁天裏でワカサギがけっこう釣れたんです。毎年違うもんですね」と湖攻略の奥の深さを実感していました。 

           ◇          ◆          ◇

f0163063_174269.gif大物ウグイ? 下田さんの場所から100mほど離れた水道沢でも、サクラマスが上がりました。
 釣ったのは、旭川市の「秀次」さん。釣り始めて1時間ほどたったころ、重い手応えに、「ウグイかな」。ウグイなら、かなりの大物です。糸を緩めたり引っ張ったりを繰り返して魚を弱らせ、慎重に引き揚げました。
 魚が顔を出して、「おーっ、ウグイじゃない」。なんという魚かわからず、通りかかった漁協スタッフに聞くと、「サクラマスですよ」。
 実は「秀次」さん、5年前にもサクラマスを釣っているのですが、姿形を覚えていなかったそうです。鱗とぬめりをていねいにとってから刺身にするとおいしい、という説明を聞いて、「せっかくですから、きちんと食べてあげたいと思います」。

 この日は、前浜東の白いテント「パオ」近くでも、ワカサギ釣りの竿にマスがかかりました。解禁からしばらくは近場でイトウやマス類がけっこう釣れます。しかし、1月も末となると、確率はかなり落ちます。そんな時期に、しかも釣り人の少ない平日に3本。季節外れの暖かさと何か関係があるのでしょうか。

          ◇          ◆          ◇

❖お知らせ
❖2月1日(日曜)釣り人感謝デー  入場された釣り人に手打ちそばを無料でご提供いたします。北海道でも指折りのそば打ち名人のそばが堪能できます。
限定100食 1人1食限り。正午ごろ、準備ができしだいスタッフが案内いたします。

★★★人気ブログランキングに登録しております。最後に「ポチッ」 ⏎と押してくださいね!皆様の応援よろしくお願いいたします。★★★
[PR]
by syumarinaiko | 2009-01-29 16:54